子供が宿題の山に忙殺される日本は異常? 海外は2か月以上の休暇で宿題なしが多数

夏の風物詩でもある「夏休みの宿題」 当然、必要だと思っていたが、ここまで子供が謀殺される状況は世界的に見ても稀のようだ。
本来の探求回路を作動させる機会を奪い、暗記脳を強化させる宿題のありようは再考するタイミングに来ているのかもしれない。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

■子供が宿題の山に忙殺される日本は異常? 海外は2か月以上の休暇で宿題なしが多数(リンク より)

:::以下引用:::

 日本の夏休みはとにかく宿題が多い。小学生の頃は毎日つけなければいけない絵日記、読書感想文、国語、算数、社会、理科とそれぞれの教科で膨大な量のプリントが出て、自由研究もある。遊んでばかりいて宿題をやらず、夏休み最終日の8月31日に家族の協力を仰いでどうにか片づけた人も珍しくないだろう。

 実は夏休みに宿題が出る国は世界的に珍しい。同じアジアの中国、韓国、香港も宿題が出るが、イギリス、アメリカ、カナダ、ドイツ、フランス、フィンランド、オランダ、スイス、オーストラリア、ニュージーランドと大多数の諸外国では宿題が出ない。子供たちは学校から課せられた宿題がなく、思う存分遊んでいる。

:::中略:::

 海外では「子供のうちは遊ぶことで発想力、想像力を養う」という考えが浸透している。宿題という「受け身」の勉強をする必要はない。本気で勉強に没頭するのは学習欲が生まれる大学生からでも遅くないという考えなのだろう。

「宿題ゼロ」の欧米諸国が重視しているのは読書だ。語彙力と読解力を身に付けることは将来様々な専門分野に進んでも役立つし、興味があるジャンルの本を読むことで教養も身につく。

 日本の子供は読書も自発的に取り組む意識ではなく、やらなければいけない課題の一部としてこなしている。夏休みに宿題の山に忙殺される教育制度にも問題があるのではないだろうか。

:::引用終わり:::


■その他 参考記事
↓↓
「夏休みの宿題はいらない」 公立小学校の現役校長が変えたい“昭和的な”教育(リンク

 

 

 

 

石山 巌