企業が「学び場」をつくる時代

近年、企業が、人材不足から人材育成に乗り出している例が目につく。


・例えば、ダイソン。
エンジニア不足を解消するために学校設立に乗り出した。
エンジニアもデザインを学ぶべきとし、25名の定員で、4年間給与も支払いわれ、卒業後はダイソンに入社する。
参考: リンク

堀江貴文氏も、「ゼロ高等学院」を設立。とにかく現実社会で実践するこれまでの学校の発想を壊す取組みだ。
参考: リンク

日本電産会長兼社長の永守氏も、大学運営に乗り出すという。
参考: リンク

・山形にあるマーケティング会社が、スタッフ研修を地域にも開いた市民大学という取組みも。
参考: リンク


人材の育成は、いまや学校・大学の役割ではなくなりつつあるのかもしれない。
実はかつての企業列大学として、トヨタダイエーソニーといった大手組織が大学をつくっていた。これらは明確に社会意識と専門技術を持った人材の育成を志し、設立されたが、大学全入時代となって総合大学化、悪く言えば、大衆ナイズされていった。
参考:337830

いまもう一度、社会の要請に応える学び場づくりが、各企業で進んでいる。
これは単に自分の会社に囲い込むためのものでなく、優秀な人材を社会に広げるものである。

 

 

 

匿名希望