「在学中に全員起業」超実践主義の専門職大学

 現在の大学には、大学⇔社会、大学⇔学生の2つのギャップが存在する。社会が求める人材を供給できず、また、広く実社会を対象化したい学生のニーズにも応えられていない。

 超実践主義を掲げる専門職大学の出現は、この2つのギャップを埋める可能性を持っていると思う。

リンクより引用します。

※※※以下、引用※※※

「在学中に全員起業」 i専門職大学は超実践主義

 在学中に全員が必ず起業する――。こんなユニークな特色を掲げる大学が、2020年春にも開校する。日本電子専門学校などを運営する学校法人電子学園(東京・新宿)が設立準備を進める「i専門職大学」だ。学校教育法の改正により、新たに設置が認められた専門職大学制度を活用する。どのような人材育成を目指すのか、設立準備室室長の宮島徹雄氏に聞いた。

■3本柱はICT、英語、ビジネスリテラシー

(中略)

 2020年春に開学を予定するi専門職大学は、大学と産業界とが連携して学生を育成するプラットフォームを目指すという。1学年は200人で、高校の新卒生だけでなく、社会人や留学生も受け入れる。「i」にはイノベーション、インテリジェンス、インターナショナル、インキュベーションのほか、私の意味も込めた。その特色として学生に求めるのは「ICT(情報通信技術)を徹底的に使いこなす」「ビジネスの現場で実践する」、そして「在学中に必ず起業する」という点だ。

 中でも、「67年の歴史を持つ日本電子専門学校が蓄積してきた、システム開発やプログラミングなどのICTに関する教育ノウハウが強み」と宮島氏は強調する。さらに、使えるビジネス英語、ファイナンスマーケティングなどのビジネスリテラシーが学びの3本柱となる。

(中略)

 重要なポイントは、起業することが卒業の要件に入っていること。「0円起業でもなんでも、起業して自分の足で立てることが重要だと思っているので、起業をしない限りは卒業できません」と厳しい。

学長には慶応義塾大学大学院の中村伊知哉教授が就任する予定だ。京都大学を卒業後、米国でも活躍した日本人ロックバンド「少年ナイフ」のディレクターを経て旧郵政省に入省という異色の経歴を持つ。

■教授陣には現役の企業幹部を招く

(中略)

 教授陣も富士通NTTグループといったIT(情報技術)企業やメディア企業、ユニークなところでは吉本興業といった大手企業の最前線で幹部を務める現役の企業人が就任予定だ。今回の学校教育法の改正で、実務での卓越性があれば博士号資格や論文実績がなくても専任教授になれ、さらに企業に勤務しながらでも就任が可能になった点を生かす。

 産業界との連携による現場での教育にも力を入れる。ICT産業やメディアなどのクリエーティブ系のほか、金融、製造業など多様な分野の企業が協力し、ビジネスプロジェクトの場を提供したり、インターンシップ(就業体験)の受け入れや学生の起業を支援したりしていく。

 専門職大学の規定では、在学中に600時間以上のインターンシップが必須となっている。i専門職大学は連携する企業に、学生を社員と同様の仕事に就かせてもらう交渉をしているという。それだけに「優秀な学生を集め、2年間みっちりとICTとビジネスリテラシーを学ばせてから提携企業に送り込みたい」と宮島氏は力を込める。

(中略)

 ICTを中心とした専門職大学なので、2020年に小学校の必須科目になるプログラミング教育では、地元校のサポートも検討する。高齢者にICTの学びの場を提供するといった協力も考えられる。また、深海探査機「江戸っ子1号」をはじめ墨田区内の企業への支援に熱心な東京東信用金庫(東京・墨田)との連携も図る。

 学生用には起業を準備するインキュベーションのためのシェアスペースを設ける。教授用の個室は設けず、400平方メートル強のワンフロアを26人の教授がシェアするという設計で、学生と教授がオープンな環境で研究を進められるようにする。プレゼンテーション専用のスペースも設ける予定だ。

 宮島氏は「将来は大学の周りの土地を借り上げて、寮をつくり、学校で食事もし、生活のすべてがここで完結できるようにしたい」と構想を語る。そうした学生の生活費に関しては、「学生による起業の初期費用や人事、法務などのプラットフォームは学校がサポートし、新規株式公開(IPO)などによる収益でまかなえるようにするのが理想」という。そのための会社の設立も計画している。将来性に期待してベンチャー企業が集まり、「シリコンバレ―ならぬ墨田バレ―ができるといいですね」と期待を込める。

 年齢も国籍も様々な学生が集うことになるi専門職大学。「大学の中で多様性を実現し、日本の企業が必要としている世界で通用する人材を育てたい。そして、世界30カ国ぐらいから集まった学生が、共に学んだ同窓生のネットワークを持てるような仕組みもつくりたいと思っています」

※※※引用、以上※※※

 

 

 

 

野崎章