中学生社長、世界に挑む

アプリ開発クラウドファンディングによって、起業やサービス開発のハードルが下がってきたことにより、中学生、高校生、大学生で起業・社長となるニュースがつづく昨今。
イノベーティブな人材を育てるには、どうすればいいのか。教育や能力開発の最前線を取材し、可能性を展望する。

以下、リンクより転載

現在、中学2年生の米山維斗(ゆいと)さん。実は、れっきとした株式会社の社長である。

2011年、12歳のときに父親とケミストリー・クエストを立ち上げた(法律上、15歳以上でないと代表権を持てないので、代表取締役は父親)。元素記号のカードで分子を作って遊ぶカードゲーム「ケミストリークエスト」を開発し、すでに6万部以上を販売している。スマホのアプリ版も好評だ。

カードゲームを作ったのは、小学3年生のときだった。

「友だちが神経衰弱のようなゲームで遊んでいるのを見て、自分でも作ってみようと思った。戦うゲームだとありきたりなので、そうでないものを考えた。化学が好きなので、原子と原子の『結合』というアイデアが浮かんだんです」(維斗さん) 家にあるエクセルで手作りし、家族で試しに遊んでみた。しかし、親の反応は「困惑してました」(維斗さん)。

当初、明文化されたルールはなかった。維斗さんは、自分の頭の中でシミュレーションして、ルールを組み立てていたのである。口頭で説明しながら、身近な人たちとゲームを楽しんでいたが、小学5年生のとき、東京国際科学フェスティバルというイベントにカードゲームを出展することになった。そこで、ようやくルールブックを作ることになった。父親の康氏は、「維斗に『これでいいの?』と確認しながら文章にしていった」と振り返る。イベントでは、大学教授や研究所の専門家からも好評を得た。そこから商品化につながっていったのである。

■現在の目標は世界に出ること
株式会社の設立は、権利を明確化するためにも必要だった。父親の康氏も、設立を積極的に後押しした。康氏が維斗さんを育てるにあたって心掛けたのは、「自分がやりたいことをガイドしてあげる」ことだ。
「押しつけても、拒否するのでどうせ無理。『本を読め』と言っても読まないので、手に取りそうな場所に置いておく。自分で規律を持って自由にさせていく。放任ではなく、自由とは何かを教えてきたつもり」(康氏)

現在、ケミストリー・クエストは、世界に出ることを目指している。化学は、世界の共通言語として通用するからだ。

海外では、17歳が開発したアプリ「Sumlly」が米ヤフーに数千万ドルで買収されるなど、若くしてビジネスの世界で実績を残す例もある。家族や教育環境が独創の芽を潰さなければ、10代でも世界に認められるチャンスは広がっているのである。

 

 

 

柴田英明