校則一揆 自分達を守るルールは自分達で決める(1)

校則一揆 自分達を守るルールは自分達で決める(1)
リンク
------------------------------------------------------------

「校則一揆」のススメ。くるぶしソックス禁止のルールに高校生が物申す

自分たちが守るルールは自分たちが決めていい! 

<ソックスは、くるぶしが隠れる黒色か紺色を着用すること>
靴下の指定はよくある校則の一つだ。東京都目黒区の日出高校の生徒手帳にも、このように規定されている。

なぜ靴下の長さや色を自分で選べないのか。

2年生の藤井勇陽さん(16)と大村優太さん(16)は疑問に思い、社会学のゼミのグループで校則について調べ始めた。
 
「大阪の黒染め強要の裁判のニュースを見て、自分たちの学校にも、なぜその校則が必要なのか理由がわからず納得できないものがある、と思い当たりました」(藤井さん)

「派手な靴下は社会に出たときのマナーとしてダメだ、と指導されるのですが、それ以上の理由を聞いたことがありません」(大村さん)

2017年10月、大阪府立高校の女子生徒が、生まれつき茶色の髪を黒く染めるよう教員に強要され、精神的苦痛を受けて不登校になったとして裁判を起こした。そのニュースが、他人事とは思えなかったのだ。

どうすれば校則を変えることができるのか。2人はゼミのグループを代表して8月9日、「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」のメンバーに話を聞くことにした。不合理な学校のルールや行き過ぎた指導をなくすために2017年12月から活動している有志のプロジェクトだ。

どうすれば理不尽な校則をなくせるの?

藤井さんたち生徒は、校則に疑問があったとしても、それが学校に通ううえでのルールとして決められている以上、破ることは認められない。どうすれば先生たちに生徒が抱える疑問を伝えられるのか、悩んでいた。

「プロジェクトの活動によって、なくすことができた校則はありますか?」

2人のこの質問に対してプロジェクトのメンバーは、各学校に直接はたらきかける団体ではないことを説明。調査やハッシュタグ #ブラック校則 によって理不尽な校則を可視化し、世論を盛り上げ、メディアや政治家を通してムーブメントを起こす役割を担っている、と説明した。

プロジェクトの実態調査では、10代の6人に1人が中学時代に下着の色を決められていたなど、細かい校則の事例が明らかになった。国会でも話題になり、理不尽な校則や行き過ぎた指導を見直す動きが全国的に広まった。

メンバーの須永祐慈さん(NPO法人ストップいじめ!ナビ副代表)は「校則だけが問題なのではありません。暗黙のうちに決められた細かいルールを少しでも破ったら先生にめちゃくちゃ怒られる。指導の仕方に問題があると思います」と話した。

また、渡辺由美子さん(NPO法人キッズドア理事長)は、「下着の色を先生がチェックするなど人権侵害になるようなルールはもってのほか」と強調したうえで、こう話した。

「今までの教育では、決められたルールを守れる人材が必要とされてきましたが、これからの時代は新しい価値を発見できる人材が求められる。望ましいルールを作れる人を育てることが大事です」
 
「校則一揆」を起こそう

メンバーで評論家の荻上チキさんは、「校則一揆」を起こすことを勧める。学校内で団結してルールの改善を求めていこうということだ。

とはいえ、プロジェクトの投稿フォームに集まった声には、以下のように校則の変更提案を止められたケースもあり、異議を唱えるのは簡単ではない。

中学生にふさわしい服装が何かディスカッションをしてはどうかと提案したが、「中学生は子どもなので話し合いにはならない」との回答(福岡県・公立中学校・保護者)

寒い時期の登下校でパーカー着用禁止、暑いときにブレザーを脱ぐのは禁止。自分で生徒会長になって校則を変えようとしたが、立候補を受け入れてくれなかった(北海道・公立高校・当事者)

 

 

 

風来坊