中高生の労働観

経団連の就活ルール撤廃は、良い判断だと思う。

実現塾での中高生の声を聴くと、今や学校の勉強には飽き飽きするどころか、「こんな事(学校での勉強)をやっている場合ではない」というところまで来ており、しかもその意識は、かなり切実なものだという。

それは、形骸化した旧パラダイムから、とっくに脱している意識であり、あえて経団連がその様な判断を下さなくても、近い内に古い制度は解体されただろう。

もとより、企業は、大卒/大学院卒の人材の再教育に辟易している。

企業側の、なるべく若い世代の人材の獲得欠乏と、仕事をしたい、早く誰かの役に立ちたい、喜んでもらいたい若い人の希望との相思相愛で、旧制度、旧パラダイムの完全解体は、そう遠くない未来に到来するのではないだろうか。

 

 

 

佐藤有志