学校教育の弊害!?現代人の脳にはゆがみが生じている

学校教育の弊害でしょうか?
学校の教育は人間の2つある脳のうち、片方しか使わなくていいことになっつしまっているので、現代人のほとんどはもう片方をほとんど使わず、脳にゆがみが生じてしまっているそうです。

以下、リンクより引用
――――――――――――――――――――――――――――――
●現代人の8割は、脳に「ゆがみ」が生じている!

人間の脳は左脳と右脳に分かれています。左脳は言語の処理に使われるため、ロジカルに考えるときに活発になります。右脳は映像系の処理に使われるため、感覚的なことをするときに活発になります。

実は、現代人の8割は左脳を使いすぎています。小学校、中学校と義務教育を受け、10代半ばで高校受験を経験します(人によっては、小学受験、中学受験を経験しています)。また、大学受験、就職活動を経て、その後10~20年、さまざまな業務と対峙してきました。つまり、小学校入学後は常に文字や数字と向き合い、左脳をフル回転させてきたわけです。このような「左脳化生活」を続けていくことによって、左脳化は「左脳グセ」として脳にしみついてしまうのです。

「左脳グセ」がしみついた脳は、左脳と右脳がとてもアンバランスな状態です。これを私は「脳のゆがみ」とよんでいます。

右脳を使う機会が極端に少ないと、他人に共感することが億劫になります。使っていない脳を使うので面倒くさく感じるわけです。もっと言うと、共感以前に、相手の状況を把握することができなくなり、相手の情報が自分の中に取り込めなくなります。

その結果、他人よりも自分が知っていることを優先してしまう。若い人の話を聞くよりも前に自分の話をしてしまう。そうすると、若い人があなたとの会話に違和感を感じてしまう。次第に気持ちに距離ができてしまう。結果、若い人との会話が成り立たなくなるのです。

 

 

 

匿名希望