複式学級の可能性

若い世代の人口減によって、今後の学校体制は大きく変わっていく。その中で今のままの学校体制から変えていく必要がある。
その一つとして複式学級の可能性があるのではないかと考える。


リンク

以下引用
------------------------------------------------------------------

複式学級とは?

複式学級とは、学年の異なる生徒を一学級にまとめ、一人の教師が授業を行うシステムです。マルチプログラム授業などという呼称もあります。

フランス、米国、スカンジナビア諸国には複式学級の長い伝統があります。複式学級は、実は世界中で長年実践されてきた授業形態なのです。

なぜ生徒にとってチャンスなのでしょうか?

全国評価、コレージュでの学業成績等に関し、複式学級出身者を対象に2010年に実施された調査によれば、二学年や同課程(Cycle)の生徒をひとまとめにした複式学級の生徒に関して、以下のような事実が明らかにされています。

‐CM2で最良の成績評価を受けている

‐第6学年では、生徒の同化に関し、最高の成果を得ている。

‐自主的な学習や自己評価ができる。

複式学級では、生徒が自分で段取りを決めて自習や自己評価を行う、自主的な学習態度が要求されます。

複式学級は多彩でダイナミックな授業を可能にします。

a) 自習:常に教師に先導されているわけではなく、生徒のレベルも均一ではないため、自主的に学習に取り組むことが要求されます。放任されているわけではありませんが、自己の課題に独りで向き合う能力、自立心が養われます。

b) 相互学習:学習レベルが均一ではないため、同レベルの生徒同士で助け合うだけではなく、学級内で年少の生徒が年長の生徒を見習い、年長が年少を指導・監督する、相互援助の関係が築き上げられます。

c) 復習:「知っている」生徒が「知らない」に生徒に説明することによる復習効果が生まれます(説明による学習)。


------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

伊達政宗