学校に行かないことはいけないことなのか?

学校不要論の論調がどんどん増して来ていますが、そもそも学校に行かなくてはいけないものなのか?

以下、リンクより引用。

* * * * * * 

学校に行かないことはいけないことなのか? 

学校に行く、行かないの話しをする前に、まずは学校とは何だろうということについて考えます。私は、学校は好きではありませんでした。決められたことを決められたように行うことが難しく、字を書くことや、絵を描くこと、音楽がとても苦手であり、人前に立つことが嫌で、やりたくもない発表会など当時は最悪に思っていました。いじめこそありませんでしたが、同級生とは喧嘩があったり、遊び相手がいなかったり、おおむねつまらないところであったと記憶しています。

なぜやりたくもないことを強制されるのか、やりたい人でやればいいのではないかとも考えていました。中学校から学校はバスケットボールをするところとなりました。やりたいことがあったため、学校に通い続けられたと今振り返ります。もしかすると、学校外にバスケットボールのできるところがあれば、学校に行かなかったかもしれません。中学校は小学校のように、発表会を実施することや字や絵の丁寧さを求められることは減り、他児からの私にとっての不必要な介入(字が下手、絵が下手と言われる。失敗をからかわれる。など)も少なくなり、私にとってはすごしやすかったように記憶しています。

学校教育法では、第18条に小学校では8項目、中学校においては3項目、目標を掲げています。まとめると、各個人の有する能力を伸ばしつつ、社会において自立的に生きる基礎を養うとともに、国家・社会の形成者として必要とされる基本的な資質を培うことを目的とする(文部科学省,2016)となります。これを確認しても学ぶことが学校でなければいけないとはならないことが分かるかと思います。

ということは、学校とは行かないといけない場所ではないということだとは言えるでしょう。

以下、略

 

 

 

匿名希望