不都合な真実(学校)  その1 社会の変化に学校が取り残されている

世界各地で"学校に行かない子育て"を実践している日本人クラブを運営するホームスクールクラブリンク から不都合な真実(学校)を紹介。

不都合な真実(学校)  その1 社会の変化に学校が取り残されている

神戸新聞NEXTに「子どものいじめ自殺 第三者委の再調査相次ぐ 調査に限界、裁判利用に懸念も」という記事があった。
要するに第三者委員会は教育関係者による身内調査のことが多く、当たらず触らずの結果になっているとのことだ。法的にも何の根拠もなく教育関係者の言い訳に使われているということだろう。

大体第三者委員会といっても当事者である、教育委員会や当該自治体の首長がメンバーを選んでいる以上自分の都合の悪い人選をするはずもない。期待するほうが無理だと思う。

さらに二学期の始まる前後に子どもの自殺が多いことに対し調査するといじめは見受けられなかったという事例も結構ある。いじめが陰湿化しているとしてもそれ以上にいじめが原因ではない自殺が多いということも考えられる。そもそも子どもが自殺するということは私たちの時代には想像もできなかった。子どもは自殺しないと思っていたしそういう発想もなかった。何故これほど増えたのか。
この原因は学校制度が劣化したという面もあるだろうが、社会の変化に学校が取り残されているというほうが大きいと思う。それが教育関係者にとって耐えがたい事実なので目をそらしているうちに社会も家庭も子どもも変わっていく。そのギャップが自殺を生んでいると私は考える。

 

 

 

 

雲渓