本当は学校に行きたくない~隠れ不登校の実態~1

[読売オンライン]のサイトより、『本当は学校に行きたくない…“隠れ不登校”の実態(リンク)』から転載します。
 学校にいきたくない。強制圧力のかかる学校には、行きたくないと感じている子供のほうが全う。明らかに、学校は時代錯誤の様相を呈してきた。
-----------------------------------------
「登校しても教室には入らない」「教室にはいるが、授業に参加していない」――。学校に通ってはいるものの、居心地が悪い、授業がつまらないなどの理由で苦痛を感じている「不登校傾向」の子どもたちの実態が、日本財団の調査で明らかになった。こうした傾向を持つ中学生の数は、文部科学省が定義する「不登校」の生徒の約3倍に上るという。このデータは何を意味するのか。調査を行った日本財団職員の枡方瑞恵さんが解説する。

■本当は学校に行きたくない…“隠れ不登校”の実態
◆授業が「苦痛」な子どもたち
 「学校の授業に興味が持てない。毎日つまらない。学校に行くことが苦痛でたまらない」――。小学3年生のときから遅刻・早退が多かったある男児は、学校に行っても教室には入らず、保健室などで過ごしていた。

 知的にはとても優秀だが、書くことが苦手だった。「学校にタブレットPCを持ち込んで授業を受けたい」と教育委員会に要望したが、受け入れられなかった。

 中学校に入っても同じ状況だったが、家にいる間に勉強は続けた。「学校には行っていないけれど、勉強はしている」と自信を持ち始めたころに教室への復帰を考え、中学校2年生頃からは少しの間だけ授業を聞くようになったそうだ。

 別の男児は、小学生の時に算数が苦手だからと別室で授業を受けるよう指導されていた。しかし、中学校に入ると、数学の成績はトップクラスになった。

 「小学校の時は問題が解けても、先生に『どうやって解いたか説明しなさい』とか、『他の解き方はないか』と聞かれるから、何が正解かわからなくなった。中学校では、問題が解ければ何も言われないので楽だった」と振り返る。

 後に支援に携わった教員は「学習スタイルが合わずに苦しんでいたのでは」と語る。

 この男児が受けていた学習スタイルは「問題解決型」と呼ばれ、日本の算数教育でよく見られるものだ。知識の詰め込み型とは異なり、子どもが課題に対し主体的な関わりを持つことを期待できるとされるが、反面、ゴール設定が曖昧なことに子どもたちが苦痛を感じるケースがあるなど、問題点も指摘されている。

◆通学はしてるけど……
 日本財団は2018年12月、「不登校傾向にある子どもの実態調査」の結果を発表した。「不登校傾向」とは、文科省が定義する「不登校」には含まれないものの、教室に入らなかったり、登校していても遅刻・早退が多かったり、内心では毎日、「行きたくない」と感じたりしていることなどを指す。調査では、こうした傾向を持つ中学生が推計でおよそ33万人いることがわかった。

 これは、文部科学省が18年10月に公表した不登校の中学生約10万人の3倍以上に当たる数だ。日本中の中学生約325万人の10人に1人が「不登校傾向」と考えられることが、初めて明らかになったのだ。

 文科省が定義する「不登校」は、病気や経済的な理由以外で年間30日以上欠席した子どものうち、心理的・情緒的な不安や身体的な症状により、登校しない、またはできない状態だ。いじめに遭うなどして心の傷を負い、学校に行けなくなったケースが典型例と言える。

 日本財団は、調査の対象をさらに広げた。欠席が年間30日未満であっても、何らかの理由で学校になじむことができず、「不登校傾向」にあると考えられる子どもたちについて調べた。調査は18年10月にインターネットを通じて行い、12~15歳の中学生、6450人から回答を得た。

 

 

 

彗星