女子小学生「袴」卒業式で見えた、思春期教育の後進国ニッポン②

mag2ニュースより以下引き続き引用です
リンク

・守るだけでなく、責任も取れる人を
終わっているのは、職業教育だけではありません。
核家族を作って、子育てをし、社会が滅びないように次世代に継承して行く教育もほぼゼロです。

買春教師がクビにならない一方で、男女交際が犯罪視され、妊娠した女子高生は放校処分になる、社会を見回せば「単身赴任」などという世界で日本だけの悪習が残っていたり「結婚と子育てのロールモデル」として「ああなりたい」というケースは非常に少ない中で、結婚や子育てへの動機付け教育がされないというのはもう「社会として終了」という感じです。

そもそも逸脱禁止という刑務所のような教育も、一体何を考えているのかわかりません。少なくとも、18歳に選挙権を与えるということは、思春期を通じて、主権者になる教育をするということです。

主権者というのは、規範に100%疑問なく従属するのではなく、規範を疑い、規範の過剰な部分を発見し、また足りない規範を発見して、規範が良い形で機能するような制度設計をする人のことを言います。

そのようなスキルを身につけるには、規範を逸脱するという訓練もスキル獲得と、思考力を身につけるための通過儀礼としては必要です。そのようなことを一切させないで、18歳選挙権になって「主権者教育をしなくてはならない」から「困った困った」と言っている教師も、もう完全に終わっていると思います。

サービス業や、福祉の世界でヒューマンタッチを持ったサービス提供者になる場合にも、規範に100%従うだけでは足りません。具体的な規範は「より上位の規範」の道具だという中で、救命とか相手の満足とか、問題解決という上位の概念といいますか目標を実現するためには、ここの規範は常に修正が必要だということを分かって、その規範の修正・改善に貢献しつつ規範について「守るだけでなく、責任も取れる」人材にしなくてはダメです。

最近話題の「バカッター」横行というのは、そうした訓練が全くできていないことを示しています。

とにかく、日本の思春期教育はこのままでダメです。

家庭のレベルではまず子供の思春期から逃げないことです。前思春期に過剰なケアをすれば、思春期入りした途端にギクシャクするのは目に見えているのですから、もっと柔軟かつドッシリ構えて、子供の思春期を受け止めるべきです。
学校のレベルでは、とにかく受験、部活、校則で思考停止させる刑務所教育をやめることです。では、何にシフトするのか?

・思春期教育改善の3つのポイント
2つ目は、男女交際を経験させてその内容をレベルアップさせる教育です。思春期の6年間にしっかり意味のある試行錯誤をさせておけば、結婚や子育てをしっかり当事者として考え、そこからホンモノの幸福を引き出すスキルも身につくと思います。

3つ目は、進路教育です。学問も、他の課外活動も、全てが将来の進路を考え、そのための情報収集とスキル獲得のために全部が有機的に結びついているようにするのです。

そう申し上げると、それでは職業教育で一般教養が外されるなどと言う文句を言う人が出てきそうですが、違います。

本当の職業人・社会人になるには、歴史も文学も、そして勿論、サイエンスの基礎は絶対に知らなくてはなりません。そういう部分を落とせと言っているのではありません。

そうではなくて、思春期の6年間を通じてしっかり進路に関する考え方とモチベーションを固めるような機会を与えなくてはダメです。

法曹志望なら、法廷だけでなく、刑務所も法務局も競売も見ておくべきですし、金融志望ならシンガポールや香港へ修学旅行へ行って見聞を広めるべきでしょう。医師や看護の志望なら、病院だけでなく、救命の現場、死亡告知の現場なども見学して、進路への思いを固めさせる…そうしたホンモノの現場を見る、その経験に基づいて将来の進路へのモチベーションを持たせるのです。

観光の現場、外食の現場、事務の現場、福祉の現場…ボランティアという美名もいいですが、とにかく自分が人生をかけて取り組むべきことは何なのか、それをしっかり教育を通じて考えさせて、モチベーションを内発的なものとして引っ張り出すのです。
そうした教育のできる社会と、できない社会とでは大きな差がつくのではないでしょうか?
日本が先進国に踏みとどまるとか、少ない子供達を丁寧に育てるというのはそういうことだと思うのです。教育の中で最も大切なのは思春期教育です。この思春期教育について、これだけ手を抜いて国を衰退させてきたのですから、もうそろそろ目を覚ますべきと思います。あと数年、このままの状態を続けたら手遅れになって国家の衰退どころか滅亡へのスピードが加速すると思います。
引用終わり

 

 

 

志水満