教育改革の歴史~グループ学習など日本の授業改革の歴史はどうであったか

>大正新教育運動は、子どもの主体性などの思想を教育実践に組み込もうとしたものであった。(344987)

グループ学習もなんと大正時代には行なわれていたようだ。
しかし一方で、海外から取り入れた効率重視の一斉授業は相も変わらず今日まで続いている。
革新的な授業の試みは教師たちの志の賜物だが、思考停止したまま一斉授業を繰り返すのもまた教師たちの志次第だ。
子どもたちを生かすも殺すも教師が握っているということだ。


==========================================================

◆大正教育のグループ学習
日本人の多くは認識していないが、大正自由教育と戦後新教育の展開で日本の学校は授業改革では世界の最先端を切り開いていた。

日本の教室の革新は大正自由教育の子ども中心主義の私立実験学校(成城小学校)において創始され、昭和初期に全国の師範学校附属小学校を中心に公立学校にも普及した。

成城小学校では男女混合4人のグループ学習が行われている。
明石師範学校附属小学校の及川平治の分団式動的教育法のように効率性を追求した能力別の編成においては、6人を標準とするグループ学習も実施されていた。公立学校のグループ学習は、男女混合4人のスタイルが多く、昭和初期には相当数、普及していたことが知られている。

教室の「コの字」型の机の配置も、大正自由教育において創始され、昭和初期に全国の学校に普及した。日本の小中学校において一般化していたグループ学習も「コの字」型の教室の配置も、欧米の一般の学校において普及するのは1970年代以降である。

戦後の新教育は1947年から1955年ごろまでの間、小中学校の教師の約8割が「学校独自のカリキュラムづくり」を推進し、「単元学習」の実践を展開した。この事実は驚異的と言ってよいだろう。これほど多くの教師が新教育の実践に挑戦した国は日本以外に存在しない。

◆100年以上変化しない一斉授業
しかし、日本の教室は後進性においても特徴的である。高校の一斉授業は100年以上にわたって変化しないまま今日を迎えている。

日本の教室の後進性は高校だけでなく、小中学校にもみられる。教師が黒板を使い、教科書を中心に説明と発問と指名で子どもの応答を組織する一斉授業の様式は、途上国以外の国では博物館に入っている。

その事実を参照すると、日本の教室は輝かしい革新性を有しながら、一斉授業という後進性の枠組みに縛られているのが現状である。

引用:(リンク

 

 

 

宮田一郎