「学び合い」による潜在思念の開放~スペンサー・ケーガンと協同学習~

学び合い(協同学習)は、従来の学校教育で封鎖された脳(暗記脳・公式脳)を解除し、抑圧されてきた子供たちの潜在思念を開放する効果が確かめられています。
以下、こころの探検 リンクより引用させて頂きます。

協同学習は、従来の学びに比べて効果的であることが証明されています。協同学習とその応用の仕方を見ていきましょう!

スペンサー・ケーガン氏は、協同学習に関する様々な研究を行った有名な学者です。このタイプのチームワークは、多くの学校で行われているような、先生が知識を伝えるだけの方法とは異なります。これは、生徒がかなりの成長スキルを育てられる、グループ方式の学びの新しい方法です。

広く研究を行った後、ケーガン氏は協同学習として知られているこの考えに関する提案を行いました。協同学習をより柔軟で効果的な方法で体系化しています。この学習法によって、人は複雑で一般的な内容を、動的な過程で学ぶことが可能になります。ケーガン氏は、『ケーガン・オンライン・マガジン』上で記事を発表し、この方法は、楽しみながら個人に学びを許すゲームのようである、と説明しています。詳しく見てみましょう。

●協同学習の原理

スペンサー・ケーガン氏が自身の協同学習の構造を設計した時、実践する際に念頭に置いておくべき4つの基本的な原理を考案しました。このタイプの学びにおける基本となる要素です。

1.ポジティブな自立。これは、自分に与えられた責任を満たすことで達成することができます。この際、グループ全体が、答えや特定の目標を達成する方法に同意していなくてはいけません。

2.個々人の責任。メンバー1人1人の行動は、グループ全体に影響を及ぼします。もちろん、この影響はポジディブな場合もネガティブな場合もあります。各メンバーが、グループのために課題を実行する責任を負います。

3.平等な参加。すべてのメンバーが、活動に参加する平等な機会を持っているべきです。この原理の重要なことは、課題がはじめから平等に分けられていることです。誰か一人だけ仕事量が多い、などということがないようにしましょう。

4.自由な交流。すべての参加者が、お互いコミュニケーションをとらなければなりません。意見を共有して、課題に関する気持ちを表現して一緒に決断を下しましょう。コミュニケーション不足になると、目標の達成を阻害します。

上記のことから、協同学習は学生に次のような効果をもたらします。
・チームワークのスキルを発達させる。
・問題解決能力の改善。
・特定の考え方を擁護する能力の改善。
・他人に耳を傾け、意見を尊重しつつ、自分自身の意見を表現することを学ぶ。

●協同学習のメリット

協同学習によって、特定の原理や授業での明確な目標に取り組むゲームを行うことができます。これら一つ一つが、数学、語学などの異なる授業で 応用できます。つまり、協同学習は、どんな科目でも機能するということです。

協同学習で最も重要なことは、異なるタイプの生徒たちを教えることができるということです。多くの学校は、一つのタイプの学生に特化した、従来の教育システムを採用しています。より創造的な子どもはどうでしょうか?特定の情報を覚えることができない生徒はどうなりますか?これらのケースでも、ケーガン氏の協同学習は有効です。より完全な学びを可能にするためです。

●協同学習の導入への必要性

協同学習に基づいたクラスを教えることを嫌がる先生もいるでしょう。しかし、現実には、この方法は準備も少なく済み、より効果的です。多くの学校が決まった教育法を持っていますが、ケーガン氏の考え方を一部でも導入して、試してみることをおすすめします。こうすることで、良い結果を生み出しているかどうか、ご自身の目で確かめることができます。

すでにお話ししたように、「従来」の教育は、効果が薄いにもかかわらず、多くの学校で採用されています。従来型の教育は、生徒に学びを促進していません。退屈させているだけです。学生が授業中に、「なぜこれを勉強するのですか?意味はありますか?」と聞きだしてもおかしくはありません。さらに、生徒間で不健全な対抗心を生み出すこともあります。

一つ分かっていることがあります。先生の気を引くためだけに、全てを暗記してクラスの中で一番になることは、ケーガン氏が話していた能力の発達を阻みます。簡単に言えば、生徒が努力して、進歩して、学んで、出来るだけ生産的に機能しているべきである、ということを、教育者は心に留めておくべきです。そして、このためには生徒に最も合った方法を実践しなくてはいけません。
-------------------------------------------------------------
引用おわり

【参考】
スペンサー・ケーガン博士の講演会(於:創価大学
【連載】協同学習 どう考えどう創る
リンク より

人は安心して話し合える相手と積極的に尋ね合い、教え合う中で学びを広げ理解を深めることができます。この言説が正しいなら、そうした望ましい学び合いの状況をどう作るか、というのが授業づくりのポイントになります。安心して話し合える関係の要は相互信頼です。お互いに信頼を得るためには、双方が相手の期待に応える必要があります。

相手がこちらの期待に応えてくれるという見通しを双方が持てる関係において、期待に応えるための情報の収集や提供がしっかり行われるということです。話し合う相手が信頼でき、自分にも役立つ情報交流が行える活動をどう授業の中で具体化するか、その方法を協同学習は教えてくれます。

 

 

 

橋口健一