なぜ麹町中の試験は何度も受け直せるのか~一斉テストで序列化する必要はない

試験制度による暗記脳を推進してきた学校も、子供たちの潜在思念を開放する方向へ変化しつつある。
President Onlineより引用です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■興味・関心・学ぶペースは子どもによって違う

教育について考える時、次のことをおさえておくのは本来基本中の基本です。

子どもたちは、それぞれ興味・関心も、学ぶペースも、自分に合った学び方や適した学習空間や、いつどこで誰とどのように学び合えばいいかなども、全部異なっているということです。同じ個人においても、これらは成長の過程において変わってきます。

でもこれまで、学校はそのほとんどを統一してきました。いつ、何を、どのように学ぶかということを、あらかじめ決めてきたのです。

子どもたちは、今は算数をやる気分でなくても、「いいから算数をやりなさい」と言われ、好きな本をとことん読み続けたくても、「これから授業です。本をしまいなさい」と言われてしまうのです。これでは、もともとある「学びたい欲求」が殺されてしまうのも当然です。

これが、もっと自分のペースで、自分に合ったやり方で、また自分に合った教材などで学べたとしたらどうでしょう?

■「自分で計画を立てる」と学習意欲が変わる

実はこうした問題意識をもとに、世界には「学びの個別化」の実践を長い間続けている学校がたくさんあります。アメリカ生まれの「ドルトン・プラン教育」や、ドイツ生まれオランダ育ちと言われる「イエナプラン教育」などが有名です。どちらも100年ほどの理論と実践の蓄積があります。

これらの学校では、子どもたちが、自分たち自身で1週間、時に1カ月以上の学習計画を立てます。もちろん、特に低学年の子どもたちは先生が手助けします。でも慣れてくると、自分で学習計画を立てることができるようになります。友だちの力を借りて立てることもあります。

ここでの学ぶべき内容は、あらかじめ決まっています。まさに「出来合いの問いと答え」です。でも、その内容を、お仕着せの時間割通りに学ぶのではなく、自分のペースや学び方で学び進めることができたなら、子どもたちの学習意欲には大きな違いが出るはずです。何しろ、分からなくても授業が先に進むことはありませんし、分かっていたら、自分のペースで先に進んでいけるのですから。

(中略)

■テストを「一斉にする」必要はない

でもそんなことをしたら、一斉のテストなんてできないじゃないか。そう言われるかもしれません。

これにはこう問い返したいと思います。そもそも、わたしたちはなぜテストを一斉にする必要があるのでしょうか? さらに言えば、なぜ、一斉のテストで子どもたちを序列化する必要があるのでしょうか?

義務教育の一つの使命は、すべての子どもたちの「学力」を必ず保障することにあります。「学力」の本質は、哲学的に言えば「自由」になるための「探究する力」となりますが、ここでは話を分かりやすくするため、ひとまず学習指導要領の内容ということにしておきましょう。

原理的には、学校教育は小学校6年間を通して、あるいは義務教育9年間を通して、その内容の獲得を保障する必要があります。それはつまり、その水準の保障さえできれば、子どもたちを序列化する必要などまったくないということであり、また、その到達を保障するためにこそ、そこへ至るまでの学習計画や進度やテストなどは、個別化すべきであるということでもあります。

(中略)

麹町中学校定期テストを廃止した

ICTは、今後そのために活用していく必要があります。AIを活用したEdTech(EducationとTechnologyの合成語)は、何度でも受け直せる単元や内容ごとのテストを、そう遠くない将来、一人ひとりにカスタマイズしてくれるようになるでしょう。

工藤勇一氏が校長を務める東京都千代田区麹町中学校は、上記のような発想から2018年度に出題範囲の決められた「定期テスト」を廃止しました。代わりに、単元ごとのテストと、年5回、出題範囲のない「実力テスト」を行い、子どもたちの学力状況を把握しているとのことです。単元テストは複数回受け直すことも可能です(工藤勇一『学校の「当たり前」をやめた』)。

前に紹介した伊那小学校にせよ、麹町中学校にせよ、公立学校でも、これほどにラディカルな実践をすることは十分に可能なのです。麹町中学校の今後の展開を、ぜひ興味深く注視したいと思っています。

 

 

 

時田 弘