中2女子が起業し社長に、デキる子どもの育て方

区立の中学校に通う中学3年生の女の子にはもう1つ、大きな肩書きがある。それは「社長」。しかも、業績は絶好調の超優良企業だ。どうすれば、そんな子どもが育つのか。家族や家庭環境なども取材し、その秘密を探った。

DAIMOND online 横田由美子
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
〇 中学2年で起業し社長にわずか4ヵ月で月商は60万円

 中山そらさん、14歳。渋谷区立鉢山中学3年生で、バレーボール部の主将を務めている。それだけ聞くと、ごく普通の中学3年生にすぎない。

 しかし、そらさんはもう1つ、驚くべき肩書を持っている。それは、偏差値68以上の高校生が、高校受験を控えた中学生に家庭教師として勉強を教える「ハイカテ」(highkate.com)の代表。つまり、そらさんは「現役中学生社長」なのだ。

 ハイカテは、平日の19~21時まで、2時間運営しており食事もついている。講師が現役高校生のため、入会金5000円、1時間2500円という料金の安さが売りだ。

 そらさんがハイカテを開業したのは、昨年11月のこと。それからわずか4ヵ月で、月商は既に60万円を超え、売上高純利益率も6割という“超優良企業”へと成長を遂げている。株式会社は満16歳にならないと立ち上げることができないため、今はまだ個人事業の扱いだが、既に渋谷税務署に届け出も済ませている。

〇 成績上がらない生徒に営業講師獲得には姉も協力

 それにしてもなぜ、これだけの成功を果たすことができたのか。その秘密は、そらさんの熱意と家庭環境にあった。

 そらさんは、受験が目前に迫っているのに一向に成績が上がらない、勉強する気が起きないといった生徒の情報を同級生から得ると、「生徒募集中!」のチラシを持って直接営業をかけたり、学内外の友人や知人のネットワークを駆使して営業したりして、瞬く間に10人を超える生徒を集めてしまった。

 今年3月には、うわさを聞きつけた父兄向けに説明会を開き、ハイカテ代表として、「受験を終えたばかりの高校生講師は、現役受験生に一番近い存在だからこそ、親身になって教えられる」と、熱弁を振るった。

 休日には、「高校生募集」と書いたチラシを近くの名門高校の前で配布するなど、講師の獲得にも積極的だ。とはいえまだ13歳なので、お母さんである理加さんが、人目につかない場所からこっそりそらさんの行動をチェックしている。

 昨年、偏差値68の駒場高校に合格した現役高校生で、「副社長」でもある実姉の愛海(あみ)さんも講師の獲得に協力している。

 同級生や知人に、「アルバイトするなら、家庭教師はどうかなぁ」と声をかけ、講師として麻布高校(偏差値75)や慶應義塾高校(偏差値74)といった名門校の生徒を確保することに成功している。

 こうした子どもたちが育った背景には、両親の影響が大きい。

 母親の理加さんは、若い頃から、数々のメディアに取り上げられてきた実績を持つ女性起業家だ。女性で初めて、タクシー業界や飛行機業界に参入し、飛行機会社を経営したときには、20億円の負債を抱えるという怒濤の人生を生きてきた。

 父親の英俊さんは、大学卒業後、投資会社JAFCOに就職。さまざまなベンチャー企業を発掘し、今は企業財務に精通する投資家だ。そらさんが幸運だったのは、起業家を両親に持つという、日本では極めて珍しい家庭環境に育ったことだろう。

 両親は、もちろんそらさんに協力している。だが、決して甘いわけではない。

 そらさんが未成年ということもあって、ハイカテは理加さんの会社の一事業部という形を取っている。そうすることで、未成年である生徒や講師の親たちからの信頼を得られているわけだ。

 また食事係は、今のところ理加さんの担当だ。しかし、「もちろん食材費は、そら社長からいただいています。そろそろ私の時給もいただかないと…」と、経営者の母はあくまでシビアだ。

「子どものビジネス」の枠を超えそうになると、父の英俊さんもシビアな態度に転換した。自宅1階の開放的な応接室を、「教室」として利用することが認められているのだが、その家賃を「4月から徴収する」とそらさんに申し渡したのだ。

「本当にうちは厳しいと思います。特にお母さんは厳しいです」と、そらさんはため息をつく。

〇 社長でも部活をこなした後塾の仕事と家の手伝い

 そもそも中山家には、基本的な約束事をおろそかにしなければ、家族の全面的なバックアップを受けられるというルールがある。

 小学生の頃から子どもたちにも“仕事”が割り振られていた。犬の散歩や餌やり、皿洗い、掃除など。それでいて、「テストは常に90点以上でなくてはダメ。塾なんて高いだけで成績は上がらないんだから、行く必要はありません」(理加さん)と、自力での成績アップを要求されてきた。

 社長だからといって、学業のみならず部活もおろそかにはできない。平日は、キャプテンとして部活の練習をこなした後、帰宅すると家の手伝いにハイカテのタイムキーパーを務めている。土日も、部活の後は平日にたまってしまった家の手伝いのほか、月の売り上げや講師の給与計算などをしている。

 

 

 

津田大照