道徳教育は政府の自己満足

リンクより引用

学校の授業で道徳という時間がありますが、いじめ対策や児童生徒の非行の防止において効果など期待できるはずがありません。


いじめや校内暴力などを発生させない事前防止が授業の目的なのでしょうが、そんなことが不可能なのは毎年のいじめの認知件数などを見れば明らかです。


全ては政府の自己満足であり、単なる偽善行為に過ぎません。


授業内容で道徳を教えればいじめなどは無くなるというのは、現場の当事者の苦しみを理解していないから出てくる上から目線の発想なのです。


問題の根源を勘違いしている政府


いじめ自殺などが度々問題になったことで児童生徒らの「道徳教育」の必要性が高まりましたが、授業での道徳教育などたかが知れているのです。


善良な市民を育てるための授業という名目ですが、それならば道徳教育の目的とは一体なんでしょうか?


・・・恐らく子供達の心を学校のカリキュラムによって変化させて、全員を道徳心に満ちた天使のような人間にすることでしょう。


どんなときでも他者を思いやり、苦しみを理解して善悪の道理をわきまえた市民に全員がなることが出来れば有り得るかもしれません。


しかし、それこそが文部科学省をはじめとする教育関係者の思い上がりです。


道徳というのは「心」という目に見えない内面の世界の問題です。その目に見えない領域をどうやって人間が測定するというのでしょうか?


授業で道徳の時間を増やせば子供の心が簡単に変わると考えているのであれば、愚か過ぎるでしょう。


人間というのは公式通りに動く生き物ではありません。善良な家庭で育ち、倫理観の高い子供であっても様々な要因が重なり何かの拍子に犯罪に走ってしまうこともあります。


人間には自由意志があり、けっして方程式などのように決まったことだけに従う機械ではありません。


道徳の授業を学校で増やしたから、子供はみんな善人になるのでしょうか?


・・・なるわけがありません。学校に通っている児童生徒らを単なる機械の部品とみなしているからこその傲慢な姿勢だと言えます。


道徳や修身などが存在したところで、他者を尊重しようとする意思の無い人間の心を入れ替えることなど誰にもできないのです。


子供に限らず、大人と呼ばれる学校の教師によるいじめなども珍しくもなんともないのが学校という場所です。


道徳などの教育を受けて教師と呼ばれる指導者になった人間が、肉体的・精神的ないやがらせを行うという実態を私自身も経験上よく知っています。


結局のところは「授業で道徳を教えたからとりあえず大丈夫だろう」などという政府の自己満足でしかありません。


学校という閉鎖的な空間に大量の人間を無作為に押し込めているという状態こそが、様々な問題を引き起こしているという現実に気付いてください。

 

 

 

匿名希望