学歴はなくとも研究業績は博士に匹敵する人たち①~学校は学問をする唯一の場ではない

正規の大学・大学院の学生として教授陣から学ぶことなく、学問を身につけ、当該専門領域ですぐれた研究をする。学校教育のおかしさに気づき始めた現代、そのような気概の持ち主が次々に登場してきたら面白い世の中になる。

かつて「独学」という言葉は、学歴社会のアンチテーゼ的な意味で使われた。いわゆる学歴なき人々が知的な精進をして、社会から注目される知的生産者になった例は少なくない。そのような異端の研究者を紹介する記事があった。



Newsweek日本版 2019年7月2日記事より
リンク
*****************************

もう1つの<異端>大学教授──学歴はなくとも研究業績は博士に匹敵する人たち
松野 弘(社会学者、大学未来総合研究所所長)

<博士号や教育・研究業績がなくても大学教授になれる現状を憂える記事を前回書いたが、そうした<異端>教授の中には実はすぐれた研究者もいる。彼らの共通点とは?>

日本の近代化は明治維新から始まったといわれている。その中心的な役割を担ったのが近代化を推進していく官僚を養成するための高等教育機関であり、その拠点が帝国大学(現在の東京大学)であった。

これは富裕階層の選ばれたエリ-トの子弟が行く高等教育機関であった。他方、家庭環境は豊かでなくとも、知的好奇心があり、学問研究への強い志のある、正統派のエリ-トではない<異端>の研究者もいた。後述の日本植物学の権威である牧野富太郎博士は、小学校卒業という学歴でありながら、東京帝国大学の講師まで務めた(教授にはなれなかったけれども)。

今回は歴史の表舞台にあまり登場していない、すぐれた<異端>の教授を紹介する。肩書ではなく、本物の大学教授とは何かを考える材料にしていただきたい。


学校は学問をする唯一の場ではない

「私は学校卒業証書や肩書で生活しない。私は、私自身を作り出したので、私一個人は私のみである。私は、自身を作り出さんとこれまで日夜苦心したのである。私の学問も私の学問である。......(中略)......私は道学者ではないが、......町の学者として甘んじている」(斉藤忠「鳥居龍蔵の業績」『日本考古学選集<6>鳥居龍蔵築地書館、1974年)


「学問をするためには学校にいかなければならないというのは一つの常識。もしかしたらそれはとんでもない間違いなのでは。学校というのは勉強するための一つの場」(加藤秀俊『独学のすすめ――現代教育考』文藝春秋社、1978年)


「独学」とは、本来、学校にも通わず、専門家にも教えを乞うことなく、自分で学んでいくことであるが、本稿では正規の大学・大学院の学生として教授陣から学ぶことなく、学問を身につけ、当該専門領域ですぐれた研究をすることを指す。

かつて「独学」という言葉は、学歴社会のアンチテーゼ的な意味で使われ、いわゆる学歴なき人々が知的な精進をして、社会から注目される知的生産者になったことを意味していた。

冒頭の引用の言葉は、日本の人類学の始祖といわれている、独学の人類学者、考古学者、民族学者、民俗学者である鳥居龍蔵氏(1870-1953年)の独学者としての理念を示した至言である。

彼は徳島県徳島市の小学校を卒業後、中学校教師の指導を受けながら、独学で人類学を学び、1905年に東京帝国大学理科大学講師、1922年に同助教授、1923年に國學院大学教授、1928年に上智大学文学部長・教授、1939年に米国ハーバード大学燕京研究所客座教授(~1951年まで)と輝かしい経歴を自らの力で獲得している。

まさに、独学者の「一つの生き方」を示している。また、社会学者の加藤秀俊氏が書いた『独学のすすめ――現代教育考』(文藝春秋、1975年〔初版〕)では、学校が学問をする唯一の場ではなく、数多くの「学び」の場の一つであることを明言しているが、これもまた「独学」の神髄を突いている言葉である。

*****************************

(続く)

 

 

 

太刀川省治