世界のいじめが多い国ランキング

いじめが多いリトアニアは、自殺率でも世界一

---------------------
世界のいじめが多い国ランキング
リンク

日本では、いじめによる不登校や、若者の自殺などが社会問題になっていますが、日本のいじめの割合は、海外の国々と比べて多いのでしょうか。
ユニセフの調査結果を元に、世界のいじめの多い国・少ない国のランキングと割合、日本の順位をお伝えします。また、世界のいじめ事情と対策についても紹介しています。

2013年に、ユニセフは『先進国における子どもの幸福度』調査の中で、いじめの割合についてもレポートしています。
この調査で明らかになった、世界30か国(日本を含む)の「過去数か月に学校で1回以上いじめられた」と答えた11歳、13歳、15歳の子どもの割合を、ランキング形式にしました。この場合のいじめは、クラスメートによる仲間はずれ、無視や陰口が含まれます。


■世界のいじめが少ない国ランキング
1位 イタリア 10.9
2位 スウェーデン 11.8
3位 スペイン 14.6
4位 チェコ 15.6
5位 アイスランド 19.0
6位 デンマーク 19.2
7位 スロベニア 20.3
8位 オランダ 24.3
9位 ノルウェー 25.9
9位 ポーランド 25.9
12位 日本 27.4

日本は、30か国中12番目にいじめの割合が少ない国であるというデータが出ています。30か国中少ない方には入っているものの、4人に1人以上がいじめの被害にあっているというのは、やはり多いと思います。
一番いじめの割合が少ない国は、イタリアでわずかの10パーセントです。

■世界のいじめが多い国ランキング
1位 リトアニア 53.6
2位 ラトビア 46.1
3位 ルーマニア 41.0
4位 エストニア 40.3
4位 オーストリア 40.3
6位 ポルトガル 38.3
7位 ベルギー 37.7
8位 スイス 36.1
9位 カナダ 34.9
10位 フランス 34.0
19位 日本 27.4

世界保健機関(WHO)の「学齢児童の健康動態調査(HBSC)」によると、世界に共通するいじめの特徴として男女比では、男子の割合の方が高いことが挙げられています。
また、近年では日本と同様、多くの先進国においてSNSを中心としたインターネット上でのいじめ(嫌がらせや脅し)も社会的な問題になっています。
---------------------

 

 

 

匿名希望