不登校10年の起業家が思う「義務教育をガマンしろ」の不思議

不登校10年の起業家が思う「義務教育をガマンしろ」の不思議リンク
より引用です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学校はなんのために存在するのか。増え続ける不登校の子供たち、学校はどうあるべきなのだろうか。

 初めまして、『学校は行かなくてもいい』という本を書いている小幡和輝と申します。

 ゴールデンウィーク明けに、10歳の不登校YouTuber、ゆたぼんくんに関して話題になりました。彼がインタビューで答えた『不登校は不幸じゃない』はもともと僕が言い始めた言葉で、僕のもとにも賛成、反対多くの意見が届いています。賛成意見の多くは「本人たちの自由だから好きにしたらいい」というもので、僕も同じ意見です。

 気になったのは反対派の意見です。彼の将来を心配しての意見であればいいのですが、自分の怒りをぶつけているような批判も多く見受けられました。

 その代表となるのが、「義務教育は国民の義務だから行かなければならない」という意見ですが、本当にそうなのでしょうか。義務教育に関する法律の条文を見てみましょう。

第4条(義務教育)

国民は、その保護する子女に、九年の普通教育を受けさせる義務を負う。
国又は地方公共団体の設置する学校における義務教育については、授業料は、これを徴収しない。
— 文部科学省ホームページ

 この条文には、保護者や行政に対して教育を受けさせる義務はありますが、子供への義務は明記されていません。もう一つ論点になるのは、2017年に施行された教育機会確保法です。

 教育機会確保法は、学校復帰を大前提としていた従来の不登校対策を転換し、学校外での「多様で適切な学習活動」の重要性を指摘。不登校児童・生徒の無理な通学はかえって状況を悪化させる懸念があるため、子供たちの「休養の必要性」を認めた。こうしたことを踏まえ、国や自治体が子供の状況を継続的に把握し、子供とその親には学校外施設などさまざまな情報を提供するよう求めている。
— 「教育機会確保法」コトバンク


この法律と合わせて紹介しておきたいのが、文部科学省による全ての学校に対するこの通知です。

 不登校とは、多様な要因・背景により、結果として不登校状態になっているということであり、その行為を「問題行動」と判断してはならない。不登校児童生徒が悪いという根強い偏見を払拭し、学校・家庭・社会が不登校児童生徒に寄り添い共感的理解と受容の姿勢を持つことが、児童生徒の自己肯定感を高めるためにも重要であり、周囲の大人との信頼関係を構築していく過程が社会性や人間性の伸長につながり、結果として児童生徒の社会的自立につながることが期待される。
— 「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」文部科学省

 文科省が示したこの姿勢から解釈できるのは、子供からすれば義務はなく、権利ではないかということです。

 保護者には、子供が望めば教育を受けさせる義務はあるものの、親子で相談した結果であれば義務違反にはあたらないと考えます。では、なぜこのような批判が出るのでしょうか。義務教育の条文を正しく理解していない人が多いということもあると思いますが、僕の意見はこうです。
 批判する人の中で「みんな我慢して学校に行っていた。だからお前も我慢しろ」という言葉があります。もし、みんなにとっての学校がいい思い出だったのであれば、こうはならないはずですよね。むしろ、学校はこんないい経験ができる場所なのに、そこに行けないってかわいそうだね、といったコメントが集まるはずです。

 しかし、現実は我慢しろという批判が集まっている。ここに学校教育の「闇」があるのではないでしょうか。

 「みんな行ってるから」「親が行けというから学校に行っている」。明確な動機付けができず、どう役に立ったかがわからない。みんながこれまで溜め込んでいた負の感情が、一気に爆発したのが今回の件だと思います。

 僕自身も不登校で、義務教育をほとんど受けていません。ですが、今は自分の会社を起して仕事をし、人生を楽しく生きています。

 僕は不登校になってからの方が、友達は多いです。学校は楽しくなかったけど、不登校になったあと、学校の外に友達がたくさんできました。勉強は独学とゲーム、それに漫画で覚えました。正直なところ、学校に行ってないことによる苦労をあまり感じたことがありません。

 確かに、インターネットがなかった時代は学校の役割はとても大きかったでしょう。勉強するにしても調べることが大変だったし、SNS(会員制交流サイト)で友達を作ることもできません。

 インターネットが発達した現代において、学校の役割はどんどん無くなっています。そもそも、生き方が多様になり、働き方の選択肢も広がってきました。画一的な教育では限界があるでしょう。

 しかし、学校が変わっていくには、たくさんの障害があります。学校がダメなのではなく、多様性を広げるほど効率化が難しくなります。

 学校は社会のインフラとして、誰でも安く教育を受けられる環境を維持しなければなりません。先生の労働環境はただでさえ過酷で、一番のブラック企業は学校とも言われています。

 年号も変わり、時代も変わっていきます。そんな時、ゆたぼんくんはいい問題提起をしてくれました。「10歳の戯言(たわごと)」と切り捨てず、これからの学校の役割についてみんなで考えていく必要があるのではないでしょうか。

 

 

 

時田 弘