世界一子どもが幸福な国「オランダ」の教育法~遊びを中心にした教育~①

オランダは世界一子どもが幸福な国
2007年2月、ユニセフは、OECD経済協力開発機構)加盟の25ヶ国を対象とした子どもの幸福度調査の報告書を発表しています。その結果によると、オランダが総合1位に選ばれています。この調査、『幸福度調査』と呼ばれていますが、英語では『An overview of child well-being in rich countries』と表記されています。
“Well-being”とは、健康と安全、家族や社会から大切にされているという質的な満足感や、自分の存在が評価されていると感じることなど、簡単に訳せない多くの意味を含んでいます。物質や制度など目に見えるものを手に入れたら満たされるものではなく、そのもっと深くにある『居心地の良さ』を意味していると考えられます。

そんなオランダはピラミッドメソッド幼児教育法を取り入れている。ピラミッドメソッドは、1994年にCito(オランダ政府教育評価機構・1999年に民営化)によって開発された幼児教育法であり、『自分で選択して決断できる力を養うこと』に重点を置いています。『あなた自身とその意思』が認められていること、決断をあたたかく見守ってもらえるオランダならではの教育法です。
そして、ピラミッドメソッドでは、子どもに寄り添い、安心感が満たされてこそ学ぶ意欲が育つことを最も大切にし、子どもの生活体験に根ざした「遊び」を中心にして学ぶ新しいスタイルが取り入れられています。ピアジェヴィゴツキーなど新旧の様々な教育理論をベースに整理された幼児教育であり、子どもの遊ぶ(学ぶ)意欲を引き出すための保育環境づくりや保育内容が特徴的で、テーマ性をもつ「プロジェクト」という保育活動を提唱しています。

子ども達に安定した心の保障をあたえ、自ら考える力を獲得するための意欲を育む教育が求められている今の日本には、これが子どもの幸福または活力を生む、手掛かりになるのではないだろうか。

以下リンク 参照


●ピラミッドメソッドの特徴

①4つの基礎石(基本概念)

◆子どもの自主性(やる気)

子ども達が自分を取り巻く世界を理解するためには自主的に取組むこと、そしてその自主性を維持させることが何よりも大切です。子どもたちは「認められたい、自信を持ちたい」という養護的な要求と、「学びたい、探索してみたい」という教育的な要求を持っています。まずは養護的要求が満たされてこそ自主性は育まれ、充分に発揮することができます。

◆保育者の自主性(働きかけ)

子どもの自主性を育むため、保育者には子どもの要求を考慮した働きかけが必要とされます。まずは、安心できる保育環境の提供、変わらない情緒的な支援、自身の能力を信じて行動できるように支援するといった安らぎを与える働きかけ。その一方、教育的な観点から、発達を活性化させるために学びに明確なねらいをもって活動をすすめたり、学びに段階を設けたり、子どもの遊びや発達の状況に応じて支援方法に段階を設けるなど幅広い教育技能でもって働きかけることも必要です。

◆寄り添うこと(nearness)  養護的内容の基盤となる理論

母親と子どもの良好な関係がもたらす影響に注目した“アタッチメント(愛着)理論”から、その愛着は保育者と子どもの関係にもあてはまることをピラミッドメソッドでは唱えています。子どもが安心して探索活動にエネルギーを注げるようになるには、保育者が子どもと良好な信頼関係をきずくことが最も重要です。また、このような感情は、自分自身と他者を信頼することにつながります。

◆距離をおくこと(distance)  教育的内容の基盤となる理論

「今、目の前にある」物事だけを学ぶのではなくて、「目に見えないもの」にも焦点を合わせる学びが、子どもの発達を促す上で大切である、という“ディスタンシング理論”を適用しています。発達段階に合わせて、子どもに身近で具体的なことから取組みを始め、徐々に外の世界・抽象的な世界へと導く中で、表現することに挑戦させて発達を促します。


子どもには充分な寄り添いがなければ、探索はできません。ピラミッドメソッドでは 養護 の土台の上に 教育 が成り立つという子どもの発達のビジョンをしっかりと持っています。その中で、この4つの基本概念は相互に関連し合い、ピラミッドメソッドにおける全活動の「基礎石」となる役割を担っています。

世界一子どもが幸福な国「オランダ」の教育法~あそぼを中心にした教育~②につづく

 

 

 

kanarchy