現代教育の弊害

以下リンク 参照

 現行教育最大の弊害は、主体性を喪失させることによって多くの人格破綻者と精神異常者を生み出していることである。
 個人主義をベースにした民主主義社会において、主体性を喪失することは、致命的なことである。個人主義社会では、自分の意志で、物事を判断していかなければ、生きていくことはできない。ところが、主体性を喪失する事は、自分ではなにも判断できなくなることを意味する。自分で決めなければならないのに、自分ではなにも決められない。このような状況は、大変なストレスを生み出す。解消のしようがないストレスは、やがて人格を破綻させ、精神に異常をきたす。

 子供達から、自信をなくさせ、自分の未来や可能性を信じられなくしてしまう。これは、子供達から、夢を奪い取ることを意味する。

 何よりも恐ろしい弊害は、教育によって、子供達が、何も信じられなくなることだ。信じることすら、できなくなることだ。自分の未来や自分可能性、そして、自分自身を、親を、教師を、上司や先輩を信じることができなくなることだ。

 子供は、興味のないことに対する勉強を強要された時、なぜ、勉強しなければならないのと、親や教師に質問してくるだろう。
 それに対し、親や教師はどう答えるだろう。仮に、自分の為よと答えたとする。そうすると、子供は、小首を傾げて、また聞くだろう。何が、自分のためになるのと。それに対しどう答えるのか。良い学校に行くためによと答えたとする。良い学校にはいると、何か自分のためになるの。このような親や教師の答えに、子供は、納得するだろうか。こうしているうちに子供は、親の嘘や教師の嘘に気がつく。

 役にも立たない、しかも、おもしろくもないことを、強要されることは苦痛である。その苦痛に耐えるために、子供は自分に言い聞かせるようになる。しかし、それでも納得がいかなくなると、勉強や学校を生理的に受け付けなくなる。頭が良くて、感受性の強い子ほど、この傾向は強くなる。

 信じてきた人達、信じようとしている人達が、このような耐え難い苦痛を強要する。そして、何も信じなくなる。

 自己が確立する以前にこのような仕打ちを受ければ、自己を喪失してしまう。つまりは、学問への情熱どころか、生きることに対するひたむきさをも、失ってしまう。そのことによって、自分の未来や自分自身を信じられなくしてしまう。

 有用性のない勉強は、害毒である。

 何を信じ、どう生きたらいいのかを教えず、しかも、民主主義社会で生きていくために最低限必要な知識や礼儀、技術も与えないまま、子供達を社会へ放り出しているのである。これは、泳げない者を、浮き輪も与えないで、大海原に放り出すのに匹敵する。それが現行の教育である。

 さらに、教育の現場も主体も分裂していて、その間には何の脈絡もない。子供達は、家庭と学校、一般社会、そして、仲間の社会、それぞれに、価値観、行動規範を使い分けなければならない。これでは、アイデンティティ(自己の同一性)は保てない。その結果が、自己の喪失である。自己を喪失すれば自律的意志を維持することはできない。行き着くところ、人格の破綻、人格の分裂である。

 問題は、現実の中にあっる。我々は生きていく上で、まず一番に、その問題を見つけだすことが、求められる。そして、答えは、本来、結果が出す。だとしたら、学問で大切なのは、問題を設定することであって、必ずしも答えを出すことではない。

 学校や子供達の生活の場は、非日常的な空間である。ところが、子供達にとって学校やテレビ、ゲームに取り囲まれた生活の場が現実なのである。この様に、子供達の生活している空間と現実との乖離は、子供達から、非日常的空間と現実と区別する正常な感覚を奪い取ってしまう。そして、非日常的な空間を現実と子供達に錯覚させ、現実を受け入れられなくしてしまう。その結果、子供は、現実から分離され、非現実的、非日常的世界へ隔離されてしまうのである。
 この様にして、学校やメディアは、無自覚に現実離れした人格を、作り出してしまっている。

 最も最低なのは、偏差値によって、すべても学童の序列を決めてしまっていることである。偏差値によって、全人格を、決めつけとしまうような事は、即刻やめることだ。評価すべき事も曖昧な上、評価する基準や、方法も確立していない。それでありながら、序列だけが、明確に決められてしまう。それによって、人生の進路まで決められてしまう。これは、非道だ。人倫の道にもとる。人間として許されざる事だ。何を、根拠にして、人に序列をつけるのか。偏差値主義こそ、最も忌むべき差別思想である。偏差値は、我が国の教育制度の非人間性を象徴している。

 

 

 

kanarchy