類グループの類学舎は大成功!!

今、類グループで行われている全日制の類学舎というものがある。
そこは、封鎖された自分の気持ち、学校で低下した追求力、活力を取り戻す場である。 
実際に、活力等を取り戻せるのかが問題であるが、いまこれを書いているのは実際に類学舎を体験した本人が書いている。

まず類学舎には学校には無い仕事というものがある。では、実際仕事をして生徒はどう思うのか?

学校より類学舎を優先するようになった。(中3 女子)

おもしろい 人とのしゃべりかたがよくなった     
最初は1人だったけどみんなと(他の子)仲良くなった。(小3 男子)

仕事をしたら考え方が変わった 元気が出た 楽しい。(小5 男子)

という意見がたくさんでている。
類学舎に入る前の生徒と今の類学舎の生徒は大人たちが
分かるほどに差があると言っている。
僕は8月類学舎に入ったが、9月に学校に行くと自分でも自覚するほどに僕の活力が下がっている。

これで学校で通っている人の活力と、類学者に通っている生徒との活力の差は明らかであると分かる。

信じるか信じないかではなく学校の実態を、 類学者は大成功という
事実を見て考えるべきだと思う。
それか体験で仕事塾、探求科等で確かめたりしても良いと思う。
まず大人、親などはまず子供のことを最優先に考えたほうが良いと思う。

 

青木桜奈