頭のいいバカはもういらない センター試験と偏差値序列社会の終焉(1)

 日本の学歴社会の頂点に君臨してきた「東大法学部」。政財官に人脈を伸ばし、国を支えてきたえたエリートたちの母体だ。良くも悪くもスタイルを変えてこなかった「象牙の塔」にも、時代の激変の波は押し寄せる。偏差値序列社会は終わるのか。かつて「砂漠」と称された東大法学部はいま、脱皮の時を迎えている。

AERA 2017年3月27日号
編集部・澤田晃宏、教育ジャーナリスト・渡辺敦司東大法学部大特集
****************************************************************

 試験を変えなければ、教育は変わらない──。新センター試験対策に、すでに学校現場が動き始めている。キーワードは「アクティブラーニング」「英語」だ。いったい、何が評価される時代になるのか。

*  *  *

 2月、桐蔭学園中学校中等教育学校横浜市)で新しい形の受験があった。その名もAL(アクティブラーニング)入試。配点は250点満点で、教科横断型の総合思考力問題が100点、算数基礎が100点、面接が50点だ。

 総合思考力問題では、事前に映像の講義を受ける。何を学ぶのかを意識して映像を見て、必要なことを書けるかが試される。

 地形図などを解説する映像講義を受けたあと、地図を見ながらこんな問いに挑戦する。

「あなたなら、この中のどこに太陽光発電所を作りますか?」

 正解はない。映像講義で得た知識をどう活用するかが問われている。教務部次長の川妻篤史教諭は、AL入試の説明会で東大合格を目指した人工知能(AI)「東ロボくん」の話をする。

「知識の詰め込みだけで東ロボくんは難関私大の合格圏内に入ったが、論述式の問題に課題があり、東大受験を断念した。東ロボくんでは対応できない入試に変わろうとしている今、自ら課題を見つけ、探究する力が求められています」

●思考力・判断力を重視

 教育が、劇的に変わろうとしている。文部科学省の高大接続システム改革会議が最終報告で公表した今後の時代を生きる上で必要な「学力の3要素」は、

(1)十分な知識・技能
(2)それらを基盤にして答えが一つに定まらない問題に自ら解を見いだしていく思考力・判断力・表現力等の能力
(3)これらの基になる主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度。

 具体的に示された改革の方策は3点だ。学習者が能動的に学ぶAL視点での授業改革を含めた学習指導要領の見直しによる高等学校教育改革。能動的学習方法を身につけた入学者に対応するためカリキュラムの見直しなどを求めた大学教育改革。

 そして目玉は、大学入試センター試験を廃止する大学入学者選抜改革だ。高校までの学習の理解度を見る「高等学校基礎学力テスト(仮称)」が新設され、現行のセンター試験が「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に変わる。

 新テストは、これまでの記憶力中心の知識偏重型試験から、「『思考力・判断力・表現力』を中心に評価」(高大接続システム改革会議「最終報告」)するものに変わる。具体的には、記述式問題が導入されたり、英語の4技能評価が推進されたりする。細かい実施方針は今年6月までをメドに示される方向だ。

 改革の背景には、人口減少、グローバル化、AIの進化といった時代に対応した教育に転換しなければならないという強い危機感がある。高大接続システム改革会議座長を務めた日本学術振興会の安西祐一郎理事長は3月4日、都内で開かれたフォーラムで教育関係者を前にこう檄を飛ばした。

「偏差値トップの超進学校の生徒は、対人関係能力が極めて不足している。これからの時代に必要なのは『総合力』だ」

●対話を続けて気づく

 2020年度からの新テストを受けるのは、今春から中学3年生になる子どもたちだが、すでに現場は変わり始めている。

 昨年11月末に行われた埼玉県立浦和高校さいたま市)の公開研究授業。今年も東京大学に33人の合格者を出した県下屈指の進学校だ。

「昨日の実験で、気づいたことを説明できる人は?」

 授業の冒頭、長瀬義行教諭(物理)は教科書を開かず、板書もしない。一人の生徒が手を挙げて説明をすると、

「今の話を聞いて、想像できる? 同じものを見ていても、人によって観点は違う」

 そう畳み掛け、何人もの生徒と対話を続ける。ある生徒の発言を板書し、こう呼び掛けた。

「彼の言ったことは、相当考えた上での発言だ。それでも入試問題を解いたら暗記丸覚えの『頭のいいバカ』に負けるかもしれない。だけど、浦高生に頭のいいバカはいらない。新しい考えを生み出す力が必要だ」

 教室の風景も変わる。大宮北高校(さいたま市)は、全教室に電子黒板があり、ICT(情報通信技術)環境が揃っている。スマホ片手に電子黒板にプレゼンテーションソフトを映し、生徒と対話する教諭も。板書しながら話し続ける「チョーク&トーク」型の授業を改めた。

 細田眞由美校長はこう話す。

「板書には時間がかかり、ICTの活用により、その分の時間をグループワークや演習に使うことができます」

 リクルート進学総研によれば、こうしたAL型の授業改革に「学校全体で取り組んでいる」高校はすでに全体の24.5%に上る。「担当のみに負担がかかった総合的な学習の時間と違い、ALによる授業改革はすべての教師の問題となっている」(同社の角田浩子「キャリアガイダンス」編集顧問)と課題もあるが、すでに多くの高校現場が新テストに向けて動き始めている。

 4技能を評価する英語の試験改革が学校に与えるインパクトも大きい。3月、1905年創立の麹町学園女子中学校高等学校(千代田区)の授業を見学した。8時半に鶏の声のチャイムが流れ、朝は全学年10分間の「アクティブイングリッシュ」から始まる。プロジェクターに映し出された英文を、リズミカルな音楽に合わせ、音読する。

 

 

 

津田大照