日本語力のない日本人に英語が身につかない訳

英語教育を早めることは目先的な手段でしかない。
本来の本質は英語のみでなく、母国語(日本語)の語彙力もあげることが大切である。

リンク

日本語の価値を忘れたニッポン人

大学入学共通テストへの英語民間試験導入のすったもんだが問題になっている中、またもや日本人の英語力に関する残念な結果が明らかになりました。国際語学教育機関が、英語を母語としない100カ国・地域を対象に行った調査で、日本の英語力は53位。去年より4つ順位を下げ、4年連続で5段階のうち下から2番目の「低い」に認定されてしまったのです。

トップはオランダで、スウェーデン2位、ノルウェー3位。日本の順位は2011年には44カ国・地域で14位でしたが、参加国が増えるにつれて年々下落。また、アジアの25カ国・地域で比べても、韓国(37位)、中国(40位)などに次ぐ11番目でした。

同様の結果はその他の調査でも明かされていて、グローバル化が進み多くの国々が「話せる英語教育」を進める中、日本が取り残されている状況が続いています。

確かに日本の英語教育は文法と訳読方式をとってきたので、当然といえば当然の結果です。こういった結果が出るたびに、「日本の英語教育はダメだ!もっと話せる英語教育にしなくちゃダメだ!」という議論が繰り返されてきました。そこで小学校から英語教育を始めることになったり、「大学入学共通テストで民間の英語試験を取り入れよう!」といった流れになっているわけです。

でも、これって理にかなっているようでかなっていない。つまり、日本人がコミュニケーションツールとしての英語力が低いからといって、これまでの文法と訳読方式を否定するのはちょっと違うんじゃないか、と。そもそもの問題はそこじゃないだろ!と。問題のすり替えをするのではなく、それぞれのいい面をきちんと考えた上で、英語教育のあり方を議論しないと英語力の向上は無理です。

一方で、大学生の日本語力の低下は近年著しく、大きな問題になっています。

「学校の成績は国語力が9割」とも言われるように、日本語の読解力、記述力は国語だけでなく全ての教科で必要な基礎知識です。ところが「英語が話せないと経済成長できない!」と英語教育に過剰に力をいれるあまり、国語教育の比重が相対的に軽くなっているのです。

日本語の読解・記述力が不十分だと、数学の文章問題は理解できません。理論構成が支離滅裂な回答しかできないのです。極論ではありますが、英語力の低さも実際には母語である日本語力の低下、具体的には語彙力が低下していることが英語力が低いそもそもの問題なのです。

前述したとおり文法・訳読方式の英語教育は、テキストや例文を母語に訳して読みながら文法や言葉の意味を教える教授法です。このアプローチは18世紀のヨーロッパで広まりました。当時から文法・訳読方式は「コミュニケーションの役に立たない」といった今の日本社会に流布してるような批判が存在しました。

しかしながら、母語をしっかりと身につけた上で文法・訳読方式で英語を学ぶと、学習者の精神的世界観が広がり、母語の意味がさらに進化し、個人の言語能力だけではなく、さまざまなことを論理的に考える思考力を向上させるプラス面が認められているのです。

例えば「夏至」「冬至」は英語では「summer solstice」「winter solstice」です。私たちは夏至冬至という言葉は普通に使いますが「至」が何を意味するかを考えることは滅多にありません。でも、英語では「solstice」という単語がつくので、solsticeを英英辞典で調べると、

「the time when the sun is furthest north or south of the equator」

とある。これを直訳すると、「太陽が赤道の最も北または南にある時間」となります。

要するに、昼の時間の長短としてしか理解されていなかった「夏至冬至」が英語に翻訳し、単語を調べることで「太陽と赤道の距離」を意味し、その距離によって昼の時間が長くなったり、短くなったりしていることが意識できる。語学の問題が、理科の問題の理解にまで拡大するのです。

母語ではない英語(外国語)を文法・訳読方式で学ぶことで、無意識に使っている母語の語彙の意味を意識化できる。母語で形成されている精神世界が英語を学ぶことで、自分の言葉として習得できる。それはその国の文化や価値観を学ぶことにもつながっていきます。

「おもてなし」が「OMOTENASHI」と訳されるのも、これが日本独特の文化だからだし、日本では青空は「晴れ」ですが、英語だとclear、sunny、fear、bright、summeryなど、さまざまな表現がある。その理由を調べていくと、目の色の違いによって「光」の感じ方が変わることがわかります。

言語にはコミュニケーションの手段だけにとどまらない価値がある。つまるところ、今の日本に必要なのはきちんとした日本語教育を行い、語彙力を高めること。そのうえで従来どおりの文法・訳読方式を行えば、その他の教科の能力の向上が期待できます。