地方の公立高校から、日本の未来をつくる。「地域・教育魅力化プラットフォーム」はなぜ今「地域みらい留学」に取り組むのか

リンク

全国どこでも好きな学校を選べるとしたら?
いま、高校選択は地元ではなく、全国の地域に飛び込む高校生が増えています。

「地域みらい留学」を推進する一般財団法人「地域・教育魅力化プラットフォーム」では、単に高校の選択肢を広げるだけでなく、日本の教育や社会をも変えていこうとしていました。


教育を核に、持続可能な地域づくりを目指す

「地域・教育魅力化プラットフォーム」は、株式会社リクルートキャリア初代社長の水谷智之さん、NPO法人カタリバ代表の今村久美さん、島根県教育魅力化特命官の岩本悠さんによって、2017年に設立された組織。今回は、長年現場を見てきた岩本さんにお話を伺いました。

岩本さんは2006年から、島根県の離島・海士町(あまちょう)にある隠岐島前高校にて、高校魅力化プロジェクトに取り組んできました。
少子化が進み、廃校寸前だった隠岐島前高校ですが、地域の課題を発見し解決に挑戦していく授業を導入し、全国から生徒を募集したところ、生徒数はなんと2倍に増加。
(2008年に89人だったのが、2016年には180人に。そのうち86人が島外から入学。)

岩本さんはこの高校魅力化の取り組みを、全国へ広げることを目指しています。

学校は地域にとって重要な機能を持っています。学校がなくなると若い人が住めなくなるし、廃校は地域の存続や未来に直結する問題です。毎年、全国で約500校が廃校になっています。

一方で、これまで学校や教育は、社会づくりにおいてあまり見向きされていませんでした。そこで高校を核に持続可能な地域づくりを目指そうと、「地域・教育魅力化プラットフォーム」を立ち上げました。

「地域・教育魅力化プラットフォーム」が取り組んでいることは、主に3つ。

1つは、地域と教育環境の多様性を育むために、中学卒業後に都道府県の枠を越えて地域の高校で過ごす「地域みらい留学」の支援。

2019年現在、北海道から沖縄まで26道県55地域の公立高校が地域みらい留学生を受け入れており、それらの学校と生徒が出会う合同学校説明会「地域みらい留学フェスタ」も昨年は1000人、今年は2000人が参加し、関心が高まっています。

2つ目は、自ら未来をつくる力を育むために、課題先進地である地域で高校生が地域の課題を見つけて、多様な他者と協働し、挑戦していくプロジェクト学習の推進。高校生向けにプロジェクトのスタートアップ合宿の開催や成果を発表するアワードの開催なども行われています。

3つ目は、社会に開かれた学校づくりや「地域みらい留学」、プロジェクト学習を推進する、高校魅力化コーディネーターの育成や支援。


僕らはこうした学びを日本全体にスケールアウトしています。「たまたまあの学校だったからできた」とか「あの人がいたから」と留めることなく、全国に広げて、次の時代の当たり前にしていきたいと思っています。


中学生と保護者向けに開かれた「地域みらい留学フェスタ」。2019年6月と7月に東京、大阪、名古屋、福岡で開催。

では、どのように全国へ広げていくのか。
岩本さんは3つの鍵があると言います。

1つ目は価値の見える化。子どもたちの変化や成長、地域社会に与えるインパクトなどを数値化することで、より広い共感につながります。

たとえば2019年11月に発表された調査結果では、島根県では高校魅力化によって地域の総人口は5%超増加、また地域の消費額は約3億円増加し、歳入も約1.5億円増加したことがわかりました。

2つ目はネットワークをつくること。地域や学校の枠を越えた「共学共創プラットフォーム」を立ち上げ、お互いに学び合う場を目指しています。

3つ目はセクターを越えること。教育という業界に閉じず様々な業界とつながったり、学校・行政・民間など立場を越境してつながることで、イノベーションが起きやすくなります。

さらに「地域・教育魅力化プラットフォーム」では国や都道府県という枠を越えて様々な業界とつながりながら、全体のシステムを変えていきながら学校の現場の声も聞き、両方を組み合わせるつなぎ手の役割も担っています。

2020年度からは、地方創生の枠組みのなかで、1年間だけでも地域へ留学できるようになります。

自分の人生を、自分で切り拓けるように

内閣府平成26年に報告した「子ども・若者白書」によると、日本の子どもの70%は「社会を変えられない」と感じています。また「自分の将来に希望を持っているか」「40歳になったときに幸せになっていると思うか」といった質問についても、ほかの6カ国のなかで最も低い結果が出ました。

世界的に見ても、日本の若者は社会に関わりたいという思いが低く、未来への希望も低いというデータが出ています。そうした状況では、自分の人生を自分で切り拓くことは難しいですよね。

僕らは教育を通して、子どもたちが自分の地域や社会を自分たちでつくれると信じられるように育てていきたいんです。「意志ある若者」と呼んでいるのですが、そういう若者にあふれる地域や日本をつくっていきたいと思っています。

学校を地域に開いていくことと、”意志ある若者”を育てることは、どのようにつながっていくのでしょうか。

学校を地域社会に開いていくと、子どもたちにとって手触り感があるというか、五感で感じられる、リアルな人や課題や社会との出会いが生まれます。

そうした本気で挑戦している大人の姿や課題を身近に感じることで、「自分はもっとこうしたい」とか「こんなことができるんじゃないか」、「自分もこんなかっこいい大人になりたい」と、内発的な意欲を育んでいくことができます。

 

 

 

シミショー