これからの時代は真の自由を知る人が重要になる。

人口が減少する時代。

これまでと同じ生活を続けることができないのは、
ある意味当然である。

リンク

何度も書いている事ですが、
日本は、鎌倉幕府の頃から人が増え続けてきました。
 
そして、明治維新のあとから、とんでもない勢いで人が増えました。
それは、平成の中程まで、約150年間に渡って続きました。
 
この、人口が急増している時代には、
お客さんがどんどん増える状態ですから、
作っても作っても足りません。
サービスしてもしても足りません。
だから、「のれん分け」や「独立開業」が、どんどんアリでした。
同じ事をなんぼやっても、足りないからです。
 
この、人口急増期の成功の秘訣は、
「すでに成功してる事をパクる」です。
売れてる物を、真似して作ったら、絶対に売れます。
流行のサービスを、真似して提供したら、絶対に売れます。
なんせ、市場が拡大し続けてるからです。
 
だから、この時代の成功のためには、
「普通」「同じ」「前例踏襲」がものすごく効果的です。
みんなこれをやってきました。
銀行もこれにお金を貸しました。
それが、150年間続いたのです。
 
 
しかし、平成の真ん中編から、人口が減り始めました。
人が減ると、提供した物は余ります。
だから、本当は、全ての企業が生産を縮小すべきです。
本当は、人口減少期の経済プラス成長は、極めて困難です。
しかし、借金を前提とした信用経済の社会では、
せめて「金利」程度の成長がなければ、信用経済が破綻します。
だから、プラス成長をが目標になります。
 
人口減少期には、余ってるから、
同じものは、くらべられて、安い方が選ばれます。
これでは喰っていけません。
 
人口減少期に生き残るためには、
人口増加期の真逆を行かないといけません。
「珍しい」「違う」「前例がない」が、ものすごく重要です。
 
しかし、日本の政府も企業も、この価値感変化に、まるで対応出来ていません。
ですから、すでにそれができている国に勝てるはずもありません。
国際競争力は低下する方向です。
 
大手企業は、この状況を、リストラクチャーでしのいでいますが、
構造改革でどうにかなる世界ではありません。
リボーンが必要です。
その際には、旧世代の価値感の人達は、みんな「選ばれない」でしょう。
 
だのに、まったく同じリクルートスーツ。
全く同じ自己アピール。
教えられたり、本に書いてあることは、みんなが知ってるから競争力にならないのに。
そして、子ども達に「普通」を強要する大人達。(企業も学校も保護者も)
 
これからの日本の国力向上のためには、
150年間続いてきた「過去の普通」や「過去の常識」に縛られない人間が必要です。
いま、そういう事を目指す学校は増え始めましたが、まだまだごくわずかでしかありません。
 
しかし、「過去の普通」や「過去の常識」に縛られない人には、
今まで以上に、自由の意味を伝えなければいけません。
自由と、自分勝手は違います。
自分の自由のために、他人の自由を侵してはいけない。
この原則を、しっかり身につけていない人達は、
自分のために他人を犠牲にできるので、社会を構成できません。
そして、人は、力をあわせられなければ、わずかなことしかできません。
 
この重大な原則を知らない人は、子どもの自由を奪うことで、子どもが大人になると勘違いしています。
ばかげています。
 
大人とは、あきらめて、言うことを聞く人間ではありません。
大人とは、真の自由を知るものです。
 
それを伝えられるのは、真の自由を知る大人だけかも知れません。
 
もうすでにスタートしている新しい時代を生き延びるためには、
自由の意味について、沢山考えるべきだと思います

 

 

北口真穂