「マスクは白!」この状況で本気ですか?

新型コロナによる休校にともない、これまでの学校において、当たり前と思われてきた様々な活動に対して、「本当に必要だったの?」という気持ちが高まっているように思う。

~学校活動、コロナ休校で見えてきた「本当に必要なもの」~
リンク

 そん中、札幌市内の学校において、白以外の色や柄のマスクを注意する学校がある(正確にはあった)と。

 子供を通わせる親としては、呆れるではすまされず、怒り心頭だろう。「学校」のおかしさがますます明らかになってきている。

リンクより引用します。

※※※以下、引用※※※

 札幌市教委が24日に開いた教育委員会会議で、委員から、市内で子供たちが分散登校時などに新型コロナウイルスの感染防止のため着用しているマスクについて、白色以外の色や柄を注意する学校があるとの指摘があった。市教委は、色や柄に関係なく着用を優先すべきだとの考えを示した。

 会議で、委員から「黒色のマスクをしていたら『校則で決まっている』と注意されたとの保護者の声がある。色は関係あるのか」と質問があり、別の委員からも同様の指摘があった。委員2人は市内でマスクが品薄な上、学校側が着用を呼び掛けているとして「感染症予防に色や柄は関係ないのではないか」と訴えた。

 市教委学校教育部の相沢克明部長は「マスク着用が優先」と述べ、学校側に適切な対応を呼び掛けるとした。

※※※引用、以上※※※

 

 
野崎章