「遊びの時間が足りない子」の結構残念な行く末~子どもでいられる時間の重要な意味と意義~

以下(リンク)引用
----------------------
ノーベル賞受賞者ががらくた置き場でしていたこと
子どもの感情を整えるのに役立つ重要な外部の要因として、人生にどのくらいの「スペース(余地)」を作ってやるか、がある。子どもには、宿題やさまざまな活動で分刻みの予定に追われてすべての時間を奪われることなく、「子どもでいられる時間」が絶対に必要だ。

たいていの場合、子どもは友人関係や自発的な遊び、自由時間を通じて感情を整えるスキルを発達させる。そういう経験のなかで、好奇心や想像力を豊かにする機会を得る。

予定を詰め込みすぎなければ、家族や友人と過ごす時間が増えて、人間関係をめぐる大切なことも学べる。退屈だって、成長と学びの重要なきっかけになる。親は子どもの学業をひどく心配するが、夏休み中お決まりの「暇だなあ」という不平が聞こえたら、この天才たちのことを思い出してほしい。

ノーベル賞を受賞した物理学者リチャード・ファインマンについて、14歳のころ彼の友人だった女性から、素晴らしい話を聞いた。彼に知恵を借りる機会があったとき、女性は「どうしてそんなに頭がよくなったの?」と尋ねた。

ファインマンは「単純な話だ」と答えた。4歳のころから、両親は基本的にリチャードを家の外に締め出していた。家の裏は、がらくた置き場だった。幼いファインマンは、捨てられた機械やモーターをいじくり回し、ついには時計を修理し始めた。完全な退屈さと、することを見つける必要性が、ありとあらゆる思考の挑戦と知能の発達につながり、ついにはこの数十年で指折りの優秀な頭脳を生み出した。

わたしたちは、子どもを家の外に締め出してがらくた置き場で好きにさせることには賛成しないし、そうすればノーベル賞につながると保証もしない。しかし、世界と自分自身を発見するための十分なスペースと自由時間を子どもに与えることは、強く勧めたい。

これは、NASAのジェット推進研究所の幹部が、採用方法を変える必要を訴えていることと一致する。以前は、国で最高の学校を最高の成績で卒業したいわゆるエリートを採用することに重点が置かれていたが、近年、そういう若者の多くが必ずしも問題解決を得意としていないことがわかってきた。

彼らは学問のシステムに熟達することを学んだので、成績優秀のしるしである「ごほうびシール」をたくさん獲得している。しかし、〝枠内に色を塗る〟ことは、むずかしい状況を解決する独創的でユニークな方法の発見には必ずしもつながらなかった。

●自由な遊びは「絶滅」しかけている
そこでこれらの機関は、採用の過程で、小児期と思春期に手を使ってユニークな遊びや作業をした経歴を持つ卒業生の獲得を優先し始めた。子どものときにものを作り、遊んだ経歴に特徴のある人が、問題解決をいちばん得意とする人たちだった。

以上のことからわかるように、子どもの生活にバランスを作るもう1つの重要な方法は、子どもの時間を確保して、昔ながらの自由な遊びの機会をとにかくたくさん与えてやることだ。

子どもには、遊びや試みや失敗を通じて、探検や発見をし、重要な感情的、社会的、知的スキルを発達させる時間を与えてあげよう。分刻みの予定を抱えていては、子どもはそういう機会を逃してしまう。

しかし今、多くの子どもにとって、自由な遊びは絶滅しかけていると言っても過言ではない。家では、遊びの時間は、スケジュールに基づく活動、習いごと、宿題で埋めつくされている。

幼稚園や学校では、学科の勉強がますます早期に始まり、テストでよい成績を取ることに焦点を当てた授業を増やし(座っている時間を長くし)、タワー作り、鬼ごっこ、お店屋さんごっこなどをする「遊びの時間」がどんどん減っている。ほかにも現代的な社会の力が、遊びの領域を侵害している。テレビやネット、ゲームなどが、子どもの生活と心のなかで幅をきかせてきたからだ。

習いごとや勉強が、有害なわけではない。しかし、それが遊びとどんどん置き換わっていくと、本当の問題が現れる。遊びは、人間や他の哺乳類の適切な発達に、なくてはならないものだからだ。遊びたいという欲求と衝動は、根深い原始的な哺乳類の衝動で、生存や仲間とのつながりへの本能的な衝動と同じく、脳の本能的な部分に関わっているからだ。

●「ただ遊ぶ」ことの重要性
精神科医で「遊び」の研究者でもあるスチュアート・ブラウンによると、死刑囚監房にいる殺人犯たちの小児期には2つの共通点があるそうだ。1つは彼らがなんらかの形で虐待されていたこと、そしてもう1つは、子どもらしく、遊ばせてもらえなかったことだ。

この研究は、小児期をピアノの稽古や科学キャンプ、学習塾などの時間ばかりに費やすのではなく、子どもが子どもらしく「ただ遊ぶ」ことの重要性を指摘している。

音楽や科学や学業はもちろん大切だし、テレビやネットを見たりすること、プログラミングをする時間にも意味がある。当たり前だが、わたしたちは子どもが技能を習得することに反対してはいない。特別な才能への深い情熱があるなら、その情熱を追いかけるべきだ。

しかし、だ。想像したり、好奇心を働かせたり、単純に遊んだりする機会を奪ってはいけない。それらはすべて、子どもが成長し、発達し、自分を見つけるのに役立つのだから。

こんなふうに考えてほしい。自由な遊びは、「自己肯定感を育てる活動」と言える。自由な遊びは、体系化されたスポーツとはまったくことなる。どちらにも、子どもの生活のなかで役割がある。運動競技では、一方のチームが勝ってもう一方が負けるというルールと共通の枠組があり、善悪を判断する感覚が身につく。自由な遊びの時間を持たせると、子どもは文字どおり、自由に自分の想像力を探れるのだ。

 

 
真鍋一郎