地域とともにある学校が、「少子化・日本」の明日を元気にする①

リンクより引用
================================

人は人との関わりの中で生き、子どもたちはそこで明るくたくましく育っていく。
「昔に戻れ」という意味ではないが、いつの時代もみんなで支え合い、助け合って生きていく社会が必要ではないか。
――そんな思いを胸に公立小・中学校の教育改革に取り組む貝ノ瀬滋氏は、「地域に開かれた学校」から一歩踏み出し、「地域とともにある学校」をつくってきた。学校と地域住民、家庭が力を合わせて運営する公教育の場は、東京都三鷹市において、日本のコミュニティ・スクールの先駆けとなった。

その後、三鷹市教育長に就任した貝ノ瀬氏は、コミュニティ・スクールを基盤とした小・中一貫教育を市内全校に拡大する道を開き、2016年7月からは文部科学省参与として、日本の教育改革の一翼を担い精力的に活動している。
教育の原点であり、また地方創生のプラットフォームともなるコミュニティ・スクールについて、貝ノ瀬氏に、伺った。


■「三鷹市の公立小学校で始めた教育改革

――コミュニティ・スクールとは、どのような学校でしょうか。

貝ノ瀬:コミュニティ・スクールとは、ひとことで言えば、「保護者や地域住民が一定の権限を持って運営に参画する新しいタイプの公立学校」です。
2004年に「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」第47条が改正され、各学校に学校運営協議会を置くことができるようになりました。この学校運営協議会を設置している学校のことを、コミュニティ・スクールといいます。
イギリスやオランダにもコミュニティ・スクールがありますが、諸外国と日本では制度が異なります。イギリスの場合、全国津々浦々の学校ごとに、選挙で選ばれた5~6名の理事からなる理事会があります。経営や人事に関する権限は理事会が持っていて、日本の私立学校に近いイメージです。校長は理事会に任命され、その方針に従って学校運営をすることになります。
ところが日本の場合は、コミュニティ・スクールとなっても従来と変わることなく、学校の最高責任者は校長であり、また予算や人事については教育委員会が握っています。その中で学校運営協議会は3つの働きを持ちます。
1つ目は、校長が作成する学校運営の基本方針について承認することで、これは必須です。2つ目は、学校運営について教育委員会や校長に意見を述べることができること。3つ目は、教職員の任用に関して教育委員会に意見を述べることができることです。

――貝ノ瀬先生がコミュニティ・スクールを始められた経緯をお聞かせください。

貝ノ瀬:1999年4月、三鷹市立第四小学校(現・連雀学園三鷹市立第四小学校)の校長に着任しました。三鷹という町は、16平方キロメートルほどの土地に約18万人の人口を持つ住宅地です。僕自身は北海道の炭鉱町で育ち、隣近所の人たちが助け合って生活するのが当たり前、という環境で育ちました。その経験から見ると、都会の住宅地では隣近所が干渉することもない代わりに助け合うことも少ないようで、そこがやや寂しく感じられました。
子どもたちは塾やお稽古ごとに通うのが一般的です。みんなそれぞれに良い感性を持っているし、のびのびしていて明るい反面、ガッツが無くて傷つきやすい子が多い。また、まだ世の中を知らない子どもたちですから仕方がないけれど、将来への夢が画一的なように見受けられました。この子たちが将来、日本を背負う屋台骨になっていくことをイメージすると、非常に心もとない。世の中をリードし、社会を背負っていく、そういうたくましい大人に育ってもらいたいと思いました。

もうひとつ気になったのが、子どもたちにとっても大人にとっても、学校での生活と放課後の生活に、見えない垣根があると捉えているように見受けられたこと。例えば、着任早々、こんなことを耳にしました。
「地域のクラブ活動(野球やサッカーなど)に参加している子どもたちが、他地域との交流試合で優勝した。それを学校の朝会で校長が褒めるのはまずいのではないか」という。目の前にいる子どもたちの24時間の出来事なのに、学校、地域、家庭での生活は、それぞれが責任を持って指導すべきと仕切りをつけてしまっているのです。
また、ある放課後、学童クラブに通う子どもたちが校庭の隅の方で遊んでいました。なぜもっと校庭の真ん中に行ってのびのびと遊ばないのかと指導員に尋ねると、「学校をお借りしているのに申し訳なくて広く使えない。校庭を使わせていただくだけでも本当にありがたい」などと言う。学童クラブの子どもも同じ第四小学校の子どもであるわけで、さっきまでは校庭を広く使って自由に遊んでいたのに、学童に行くと急に萎縮した遊び方になるというのはどうしたことか。下校してしまうと学校というのは異質な存在になってしまうのか。見えない垣根をもっと低くしたり取り払ったりして、地域の学校としての機能を働かせなければ、それこそもったいない。
このような課題を数々目の前にして、「よし、学校の在り方を変える教育改革をやろう!」という決意が固まったのです。

=======================================
地域とともにある学校が、「少子化・日本」の明日を元気にする②へ続く