遊びとおもちゃは学び、働くの原点

本来子どもの役割は遊ぶこと。
自然の中で仲間と遊ぶ中で、人と何かを成す楽しさや人の痛み、秩序や礼節を学んでいく。

勉強、習い事は本来子どもが強制的にやらされるものではない。
誰かに何かを伝えるため、何かを生み出すために自分から興味を持ち、追求していくもの。
周囲の先輩や大人を見ながらまねていくもの。
その力の根本に遊びがある。

子ども時代は賢さ、生きる力を蓄える大切な時期。だれもが天才。
あらゆる可能性を秘めている。

遊びと学びの歴史を見つめなおし、本来の子供たちの姿を取り戻したい。
活力あふれる社会へ。


以下リンク
リンク

 

白日